マンション分譲事業

Mansion Management

マンション経営とは

不動産投資は商品自体を担保にし、金融機関から購入資金を借入することが可能な唯一の投資商品です。
ローンを活用すれば、少額の自己資金で不動産を購入することができるので、いわゆる「ローンレバレッジ効果」により高利な家賃収入の収益を得ることが期待できます。
昨今は金融機関も積極的に投資ローンの融資をしてくれるケースが増えており、融資も利用しやすくなっています。

マンション経営3つのメリット

マンション経営には大きく分けて3 つのメリットがあります。
人それぞれ魅力を感じるメリットは違いますが、どれも他の金融商品などには無いところが、マンション経営の最大の魅力と言えるでしょう。

メリット1

安定した長期型資産運用

不動産投資は株式やFXに比べると、投資額の数倍という大きな収益を短期間に上げることは出来ません。
しかし、不動産投資ほど長期的かつ安定した収益を上げることができる投資方法はありません。このように考えると、将来確実に資産を築きたい人にとってはローリスク・ミドルターンを見込める確かな投資手法です。

メリット2

節税対策

相続税を軽減

現金(預貯金)や証券などの相続税評価は原則として時価となりますが、マンションなど不動産は価課税となり時価よりも低くなります。
マンションの場合、評価額はおよそ 60%に圧縮され相続税額が少なく算定されます。
さらに賃貸住宅の場合は貸家建付地として評価額はさらに下がります。
現金や証券などの金融資産は 100 あれば 100 の相続税評価がされますが、賃貸経営のマンションの場合は資産評価額の約 40%まで引き下げることができるため、相続税対策にも有効です。

所得税・住民税を軽減

マンション経営にかかる経費には、減価償却費やローンの利息、固定資産税、管理費、修繕積立金などがあります。
これらの経費が年間の家賃収入を上回った場合、確定申告で給与所得などの黒字の所得から経費を差し引くことで所得税を大幅に減らすことができます。
また、住民税は前年度の収入( 納税額) より算出されますから、住民税も高い節税効果が見込めます。

メリット3

私的年金の確保

年金だけでは不足しがちな生活費を補填する安定収入「生活保障に関する調査」によると、老後の生活に不安を感じている人は全体の約86%。なかでも老後の生活設計が一番の不安要素のようです。現在、平均的な年金受給額は月額21 万円と言われていますが、これはゆとりある生活費に15.6 万円ほど足りない金額です。
また、70 歳を過ぎてから支払う医療費は実に1000 万円以上とも言われ、生涯医療費の半分となる調査結果もあります。
返済計画をたてれば、毎月の賃料収入はそのまま老後の生活資金に回すことができ、公的年金だけに頼らない、老後の安定した生活を実現することができるのです。
年金だけではゆとりある生活はできなくなっている昨今において、より豊かなセカンドライフを迎えるために金銭の面でも余生を支えるだけの準備が必要となっています。